癌

  

口内の異常を発見

聴診器

内科の中に胃腸科があるように、歯科の中に口腔外科という診療があります。 口腔外科では、口の中なかだけでなく、顎などの先天的な病気から、 後天的な病気、ケガなどを治療します。 身近なものでは、親知らずの抜歯や、顎関節症の治療を行います。 また、この部位はガンができやすい部位なので、ガンなどの腫瘍の治療なども含まれます。 事故などによる、打撲や骨折の治療も扱い、担当する治療は多岐にわたります。 最近増えているインプラントも口腔外科の診療に含まれます。 大学病院にはもちろんありますが、開業している歯科医院の中にも、 口腔外科を専門に扱っているところもあります。 口の周りの病気やけがは、噛めなくなるだけでなく、 会話や審美的な問題も生じるために、適切な治療が必要になります。

親知らずを抜いた経験のある人は少なくありません。 まっすぐに生えていて、簡単に抜ける時は、一般の歯科医院でも抜くことができますが、 斜めに生えていたり、難しい症例は口腔外科の対象となります。 口腔外科では、口の中や顎における手術などの診療を行っています。 斜めに生えている親知らずは、手前の歯を押してしまったり、 虫歯の原因となるために、抜歯をした方がいいのですが、普通のやり方では抜くことができません。 そこで、外科の知識と技術を持つ口腔外科で治療することになります。 口腔外科は、大学病院などに入っていることが多いですが、 開業医の中でも口腔外科を専門に行っている歯科医師もいます。 調べてみると、身近な歯科医院でも対応してくれることがあります。